最速で最高の、技術集団を目指して。

技術紹介

  • 鍛造製品

  • 油レス加工

  • 複雑曲げ製品

  • 小物精密製品

主要設備

金型設備

プロファイル研削盤

ワイヤーカット放電加工機

平面・形成研削盤

[金型設備一覧]
  • CAD/CAM・・・6台
  • NCワイヤーカット放電加工機・・・2台
  • NCプロファイルグラインダー・・・4台
  • 平面研削盤・・・7台

高速プレス

6連続自動巻き取り機

高速プレス工場

山田ドビーMXM-15

日本電産キョーリ ANEX-40

[高速プレス一覧]
  • 高速プレス
    (山田ドビー、日本電産キョーリ、ISIS)・・・51台
  • 自動巻き取りき・・・24台
  • 画像検査設備・・・20台

測定機器

ミクロン高さ測定器

CNC画像測定システム

精密万能投影機

[測定機器一覧]
  • CNC画像測定システム NEXIV(Nikon)・・・1台
  • 万能工具顕微鏡(TOPCON)・・・1台
  • 精密万能投影機(Nikon,Mitutoyo)・・・15台
  • 硬度測定器(Hv)(アカシ)・・・1台
  • ミクロン高さ測定器(日商精密工学)・・・1台
  • 倒立型金属顕微鏡(Nikon)・・・1台
  • 測定顕微鏡・・・5台

会社案内

〒993-0042 山形県長井市平山647-3
TEL:0238-84-1890
FAX:0238-84-1892
資本金/2,000万円
代表取締役社長/加藤 雅浩
従業員数/51名
事業内容/精密プレス金型・プレス部品製造
主要取引/アンデン株式会社、NECトーキン株式会社、大宏電気株式会社、ソニー株式会社、大日本印刷株式会社、東北ヒロセ電機株式会社、凸版印刷株式会社、日本ケミコン株式会社、三菱製鋼株式会社、山形航空電子株式会社、株式会社ヤマトテック(五十音順)

■JRをご利用の場合

○東京方面から
東京駅 ⇒ 山形新幹線「つばさ」130分 ⇒ 赤湯駅 ⇒ フラワー長井線50分 ⇒ 長井駅 ⇒ タクシー(約10分)
○仙台方面から
仙台駅 ⇒ 仙山線快速60分 ⇒ 山形駅 ⇒ 山形新幹線「つばさ」⇒ 赤湯駅 ⇒ フラワー長井線50分⇒長井駅⇒タクシー(約10分)

■車をご利用の場合

○福島飯坂JCT経由
東京 ⇒ (東北道3時間) ⇒ 福島飯坂JCT ⇒ 東北中央道 ⇒ 米沢南陽道(南陽高畠IC)(R113-R287・30分) ⇒ 長井
○村田JCT経由
東京 ⇒ (東北道3.5時間) ⇒ 村田JCT ⇒ (山形道・30分)山形蔵王IC ⇒ (R348・50分) ⇒ 長井

■航空機をご利用の場合

  • ●羽田空港 ⇒ 山形空港【山形空港から長井まで車で80分】
  • ●伊丹空港 ⇒ 山形空港【山形空港から長井まで車で80分】

経営理念
明日を創る技術こそ資本
経営ビジョン
“ものづくり”を通してお客様に満足いただけるよう、絶えず新しい技術にチャレンジする。
“独創的技術”で事業を創出し、安定した経営基盤を確立する。
“愛”をもって人財を育成し、地域に誇れるNo.1企業となる。

明日を作る技術こそ資本なり。
 当社は「明日を作る技術こそ資本」を経営理念として掲げ、事業活動を行っております。
驚異的なテンポで進む技術革新やグローバル化の中においても“中・長期の視点から独創的な技術開発を進めていくことが、全てに優る元手である”と考えているからです。
当社は、抜き・曲げ・絞り加工などを含む高精度プレス順送り金型を設計・製作し、それを駆使した高速プレス加工により、主に、発展著しいエレクトロニクス業界へ高品質のパーツを供給して参りました。
今後は、これまで培った技術をベースとして、さらに塑性加工全般に領域を広げ、技術集団としてお客様の開発段階から積極的に提案し、信頼されるパートナーとして貢献できるよう取り組んで参ります。

朝日金属工業株式会社
代表取締役 加藤 雅浩


1960年4月 山形県長井市宮1893に(株)木村プレス工業設立
1965年8月 社名を朝日金属工業(株)に変更
1981年8月 本社工場を現住所に移転
1986年12月 超高速プレス専用工場竣工
1987年9月 資本金2,000万円に増資
1988年10月 高精度金型専用工場竣工
1999年1月 ISO9001認証取得
2001年3月 ISO14001認証取得
2003年 ISO9001:2000年度版へ移行
2006年 ISO14001:2004年度版へ移行
2009年 ISO9001:2008年度版へ移行
2015年12月 子育てサポート企業に認定
2016年3月 ISO14001:2015年度版へ移行
2017年1月 ISO9001:2015年度版へ移行
2017年12月 ユースエール企業に認定

基本理念

私たちは、お客様に期待され、満足され、安心して、ご使用頂ける製品を提供し続ける。

私たちは、エレクトロニクス製品の部品等を製造していることを踏まえ、地球環境の保護が人類共通の重要課題であることを認識し、企業活動のあらゆる面で、環境に配慮した企業活動を推進する。

経営活動の一環として、ISO9001及びISO14001マネジメントシステムを構築し、事業活動に取り組む。

基本方針

  1. 品質・環境方針を実現するために品質目標、環境目的・目標を定めてマネジメントシステムの継続的改善を図ると共に、結果に対しレビューを行う。その結果に基づき、品質・環境方針及び品質目標・環境目的、目標について必要な見直しを行う。
  2. お客様の要求事項と適用される法令、規制、条例及び当社が受入を決めたその他の要求事項を遵守する。
  3. お客様の信頼獲得と向上を第一に、誠意を持って行動する。
  4. お客様の期待とニーズを的確に把握し、お客様に満足される品質の製品とサービスを誠実に提供する。
  5. 社員に対する教育・訓練を推進し、スキルアップや技術力向上を図り人材の育成に努める。
  6. 環境保全活動の維持と向上
    1. 製品に含有する化学物質の情報を把握・管理し、その情報をお客様に提供する。
    2. 環境方針を達成するため、影響を及ぼすリスク及び機会を明確にして対処する。
    3. 環境に配慮した事業活動の推進
      組織の目的を達成する具体的な取り組みの中で、その実現のために事業に伴う環境側面の中から、活動、製品及びサービスの性質、規模及び環境影響を含む組織の状況に応じて目標を策定し、環境保全・環境保護、汚染の予防等リスクの低減に努め、汚染の予防並びに持続可能な社会の実現をめざして行動する。
    4. 全ての社員に環境保全・生物多様性保全に関する教育を行い理解と認識を高め、意識の向上に努める。
  7. 啓蒙活動の推進
    1. この方針を文書化し、全従業員に理解されるようにする。
    2. この方針は社外に公開する。

2018年4月1日
朝日金属工業株式会社

代表取締役 加藤 雅浩


ISO9001の認証を取得

当社は、品質保証体制の一層の向上による企業体質の強化をはかるため、品質システムに関する国際規格ISO9001:2008の認証を取得しております。

軸受事業部 登録番号:
JSAQ239
登録範囲:
オイレスシールペアリング、オイレス金属系ペアリング、オイレス金属系ペアリングユニット、オイレス樹脂系ペアリング、オイレス樹脂系ペアリングユニット、オイレス複層系ペアリングユニット及び複層系ペアリングユニットの設計・開発並びに製造

ISO14001の認証を取得

当社の生産部門のある事業場は、環境を配慮した事業場として、環境マネジメントシステムに関する国際規格ISO14001:2004の認証を取得しております。

取得事業場:
藤沢事業場(JSAE363)/滋賀事業場(JSAE213)/足利事業場(JSAE277)/大分工場(JSAE342)

ユースエール認定制度の認証

平成27年10月1日施行の若者雇用促進法によって創設された、若者の採用・育成に積極的で雇用管理の状況などが優良な中小企業を認定する制度です。
認定を受けるためには、「直近3事業年度に正社員で就職した新卒者などの離職率が20%以下であること」などの基準を満たすことが必要です。
認定を受けた企業は、都道府県労働局やハローワークによる採用活動における重点的なマッチング支援や認定マークの使用、助成金の優遇措置、日本政策金融公庫による低利融資、公共調達における加点評価などを受けることができます。

くるみん認定制度の認証

「くるみん認定」は仕事と子育ての両立支援に取り組んでいる企業に対し、「次世代育成支援対策推進法(次世代法)」に基づき、厚生労働大臣が実施している認定制度です。

採用情報

これからのものづくりは、いかにお客様のニーズに応えるかではなく、いかにお客様を笑顔にできるかだと思います。フレッシュな仲間の応募お待ちしております!

お問い合わせ

PAGE TOP